お風呂の効果

台風の影響から雨も続き、ここ数日で急に肌寒くなってきましたね。早くカラッとした秋晴れになってくれるといいですね。夏はシャワーばかりが多かった方も多いと思いますが、少し肌寒くなってくるとゆっくりと湯船に浸かりたくなってきませんか?お風呂は、一日の身体の汚れを落とすだけではなく、健康維持や美容のために毎日入りたいものです。お風呂の効果を上げるには、お湯の温度がポイントになるそうです。ぬるいお湯に長時間入るのが好き・・・熱いお湯を我慢しながら入るのが好き・・・など、好みは人それぞれあると思いますが、秋は、40度~43度くらいの温度がちょうどいいそうです。発汗作用も高く、夏の紫外線ダメージで荒れたお肌に必要な、新陳代謝も促してくれるそうです。気温が低くなる冬には、じっくりと浸かることによって、血行を上げて身体を芯から温めます。ただし、長時間の入浴は、身体にも心臓にも負担をかけるので、湯船に浸かる時間は20分以内がよいとのことです。疲れやストレスが溜まっていると感じる時にこそ、ゆっくりと湯船に浸かりましょう。効果的な入浴で、日々のストレスを解消しリフレッシュすることで、毎日を元気に過ごしましょう

お問い合わせ

レッスンに関するご質問や出張ヨガ教室などのお問い合わせは、
電話かお問い合わせフォームより受け付けております。

TEL 042-631-6617

                   

【受付時間】10:00~21:00
EMAIL:info@krkstudio.jp

お問い合わせ