KRKSTUDIO BLOG

KRKSTUDIO BLOG · 12日 11月 2018
早くも秋から冬へと季節が移り替わってきています。 朝晩の寒さが目立つようになってきたので体調管理にはくれぐれも気を付けて下さい。 温度差にやられやすいこの季節にお風呂は欠かせません。 お風呂は、一日の身体の汚れを落とすだけではなく、健康維持や美容のために毎日入りたいものですね! お風呂の効果を上げるには、お湯の温度がポイントです。 この時期は、40度~43度くらいの温度がちょうどいいそうですよ 発汗作用も高く、 夏の紫外線ダメージで荒れたお肌に必要な新陳代謝も促してくれるそうです! 気温が低くなる冬は、じっくりと浸かることによって血行を上げて身体を芯から温めましょう ただし長時間の入浴は身体にも心臓にも負担をかけるので湯船に浸かる時間は20分以内がよいとのことです。 疲れやストレスが溜まっていると感じる時にこそ、ゆっくりと湯船に浸かってみてください! 入浴剤の素敵な香りで交感神経を抑制すると、よりリラックスすることも出来ます。 効果的な入浴で、日々のストレスを解消し、心と体をリフレッシュすることで、毎日を元気に過ごしましょう!

KRKSTUDIO BLOG · 05日 11月 2018
町の木々が赤や黄に色づいてきて、すっかり秋ですね。 秋といえば、芸術の秋、読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋、などなど色々いわれていますが 皆さんは何を連想されますか? 今年夏の驚異的な暑さから考えれば(ブログでもほぼ毎日暑いですね!と書いていた気がします) 出歩きやすくとても過ごしやすいこの頃ですから、 美術館に出かけて名画に心震わせるのもいいですね。 私が是非観に行きたいのが ムンク展とフェルメール展です。 絵に限らず、本やテレビで見ることと、本物を生で見ることって 迫力が全然違いますよね。 大スターのような名画を近くで見て、心がどんな反応をするのか、今からワクワクしてます。 絵を鑑賞することとヨガの実践、通じるものがあるなあと感じたのが 自分の心と対面する時間を持つことです。 自分の心とは死ぬまでお付き合いがあるので、より豊かな心で人生を送りたいものですね。

KRKSTUDIO BLOG · 01日 11月 2018
今日はお客様からよく伺う質問についてお答えしたいと思います。ご参考になさってくださいね! ①ヨガとストレッチの違いって何? ヨガとストレッチは同じ動きでも目的が違います。ストレッチは筋肉の柔軟性や可動域などに向けたアプローチです。ヨガはその要素も含みながら、健康や美容、自律神経や考え方、生き方などに幅広く作用します。 ②体が硬いとヨガって出来ないの? そんなことはありません。ポーズが出来ない=ヨガが出来ないと思われがちですが、形にこだわらず「今の私はここまで伸ばせる!」と自分の状態を受け入れることが大切です。体が硬くも100%出来ますよ。 ③体が硬い人がヨガを楽しむコツは? ヨガはきれいにポーズをとる必要も人と比べる必要もありません。体の硬さを味わいながら「こんなに硬い私でもここまで出来るんだ!」と楽に捉える思考を身につければ、ヨガも人生もグッと楽しくなりますよ。面白いことに体がガチガチに硬い人でも、ヨガを続けていくうちに体がヒュルっと緩んで柔らかくなる時が必ずやってきます。 ヨガに特別な才能は必要ありません。自分のペースで、気持ちよく、心地よく身体を動かしてくださいね。

KRKSTUDIO BLOG · 30日 10月 2018
今日はヨガを行う前のほんのひと手間で、より効果の出るリンパマッサージを紹介したいと思います。 老廃物をろ過し、免疫機能を発揮するリンパマッサージは、ヨガの前にセルフケアとして行うと、身体の力みが取れてポーズも深まります! 皮膚の下の浅い部分のリンパを流すには、優しいタッチで肌に触れる全身マッサージが効果的です。身体の状態を確かめながら丁寧に行いましょう。 ①鎖骨 リンパの出口である左右に往復されながら、優しくマッサージ。反対側も同様に。 ②耳まわり 両人差し指と中指で軽く耳を挟む。耳を上下に3回動かし、中指で耳の前を気持ち良く押しながら5秒キープ。 ③首 右手を左耳の下に当てる。手のひら全体で鎖骨に向かってさすり、リンパを流す。手をかえて、反対側も同様に。 簡単なリンパマッサージをしてからヨガを行うことで、むくみのもとになる余分な水分や老廃物を、その日のうちにスッキリ流しましょう。

KRKSTUDIO BLOG · 29日 10月 2018
ハードな動きは一切なしで、しっかり体幹に効く&お腹を凹ます寝たまま出来るヨガのポーズを紹介したいと思います。 夜寝る前でももちろんいいのですが、気持ちよく背骨を伸ばし、深い呼吸で体を目覚めさせながら行う朝ヨガにとてもおすすめです。 寝ころんだまま、誰でも簡単にできますので、是非実践してみてくださいね。 ①片脚ずつの伸び 仰向けになった状態から、片脚ずつ胸に引き寄せる。お尻と腿の裏が伸びる感覚を味わおう! ②優しいツイスト 仰向けで両膝を抱えて、膝同士をつけたまま右に倒し、頭は反対側を向く。膝を倒すときに息をゆっくりと吐こう! ③脚上げ腹筋 丹田に力を入れて両脚を真下へ。あごと肩の力は抜き、腹筋を意識し床上5㎝までゆっくり下ろす。 朝スッキリ起きられないときこそ、自宅のベッドの中で出来る簡単な朝ヨガで、身体を伸ばして、気持ちよく一日をスタートさせましょう♪ 朝ヨガには身体を覚醒状態にされ、そして頭の中を瞑想によって整理させる効果があります。 場所も時間も必要なく手軽に行える朝ヨガで、みなさんが幸せな朝を送れますように!

KRKSTUDIO BLOG · 26日 10月 2018
日が落ちるのが早くなり、道端に落ちている銀杏を見ると、とても秋を感じます。 しかし、これからの季節に気を付けなければならないことはたくさんあります。 まずは乾燥です。寒くなると空気が乾燥しやすく、気付かないうちに体から水分が失われやすくなります。 夏は汗をかくことで、水分が体から失われていることが分かりますが、冬は汗をかきにくいため、なかなか自分では水分不足になっていることに気付けません。 意識をして、こまめな水分補給を行うことが大切です。 そして次は、寒いと体から熱を逃がさないようにするために、血管が収縮し血圧が上がることです。暖かいところから急に寒いところに出ると、血圧が更に上昇し、脳卒中や心筋梗塞が起こりやすくなります。 特に夜、温まった布団の中から寒いトイレに行く時が、最も危ないと言われています。 必ず何か羽織るなどしてください。 そして最後に、これからの季節は、運動する前に必ずストレッチや体操などの準備運動をしっかりと行い、身体を温めて筋肉の柔軟性を確保することが大切です。 気温の変動の少ない室内で、ヨガをすることもおススメします。

KRKSTUDIO BLOG · 25日 10月 2018
あっという間に10月も終わり、まもなく11月に入ります。 11月に入ると気温もグンと下がり、これからの季節に多い悩みの一つが「肩こり」です。 厚めのコートを着たり、マフラーを巻いたり、「寒い!」と、つい肩をすぼめてしまうのも、すべて肩こりの原因になります。 そして肩が凝りやすいのは、スイカ一個分ほどの重さの頭を支えているからであり、猫背や首を前に傾ける姿勢で首や肩の緊張が続くと、筋肉が硬くなり血管を圧迫してしまいます。 そんな「肩こり」を少しでも楽にする方法は、温熱グッズで体を温めるほか、お風呂に浸かるのも効果的です。 脳が温かさや心地よさを感じることで、副交感神経が優位になり血管が拡張するため、血液と熱が全身に効率よく巡るようになります。 また、浮力や水圧によって筋肉のこわばりもほぐれやすいのです。 そして体が温まっている間に、ヨガやストレッチを行うことでより、体全身の血液循環がよくなることで、筋肉が弛緩し、肩回りの緊張もほぐれていきます。 普段の生活でも、姿勢を正すなど、筋肉が凝り固まらないように動かすことを意識してみてくださいね!

KRKSTUDIO BLOG · 22日 10月 2018
ここ最近は朝晩の冷え込みも厳しくなってきましたね。 そろそろ本格的に冬支度をお考えの方も多いと思います。 そして、この時期のブタクサ花粉に悩まされている方、風邪予防にと、たくさんの方がマスクを着用しているのを見かけます。 私も外出する時は使い捨てマスクをつけていますが、寝るときは「寝るときマスク」といういうものを着用しています。 寝るときマスクは、寝ている間の喉の感想を防ぐのにとても効果的です。 睡眠中は唾液の分泌が少なくなるといわれていますので、マスクをすることにより高温多湿になるので風邪予防にも効果的と言われています。 そして寝るときマスクは、使い捨てマスクではなく、天然素材の綿やシルクタイプの物がおすすめです。 布製マスクは肌触りが柔らかで、保湿性にも優れ、吸水性もあるので、口元の湿度を適度に保ってくれます。 また布製マスクは洗濯でき、繰り返し使えます。 私はシルクタイプの寝るときマスクを着用していますが、一度使ったらとても快適で手放せませんよ! 今はマスクにつける用のアロマオイルもありますし、寝るときマスクを着用する前に、リップクリームを塗ると次の日プルプルな唇になりますよ。

KRKSTUDIO BLOG · 16日 10月 2018
寒くなり冷えが始まると、朝起きた時に、脚がパンパンにむくんでいてびっくりしたことはありませんか? むくみは放っておくと代謝機能の低下につながるので対処することが大切です! 寝る前のひと手間で、翌朝の脚がスッキリに変わります。 是非今夜から試してみてくださいね! ★就寝前、仰向けに横たわり、両手の握りこぶしを仙骨の下に置いて、ギューと身を委ねます。(仙骨とは、お尻の上の方にあり、骨盤の中にある生殖器を守ってくれる骨のこと。) そして余裕がある方には、仙骨を温めることをおススメします。温めることでより効果を発揮します!自己免疫力を高め、病気を寄せ付けない体になります。 そして、緊張や興奮を落ち着かせることにより、イライラも抑えてくれます。 たったこれだけですが、鼠径部が広がって血のめぐりが良くなり、老廃物が流れます。寝る前5分で、翌朝脚がスッキリ!むくみが軽減しますよ。 日常的に行って、むくみ解消の習慣を心がけましょう! KRKスタジオ公式アプリにご登録いただいたお客様は入会金が無料! そして、無料体験レッスンクーポンを差し上げています。 是非、ダウンロードしてくださいね。

KRKSTUDIO BLOG · 11日 10月 2018
今日は皆さんに、オフィスなどで簡単に行える、「チェアヨガ」を紹介したいと思います。 チェアヨガは、椅子に座ってポーズをとることで姿勢が安定しやすいというメリットもあります。 会社のデスクでもできるチェアヨガで、体幹を鍛えて全身の代謝を上げましょう! 肩まわりの血行も良くなるので、冷えや肩こりの解消にもつながります。 ① 椅子の座り骨盤を立たせましょう。おへそを引き上げながら腕を上げて、頭上で両手をクロスして合掌します。 ここで、腕を上げた時に上がってしまった肩を下げることがポイントになります! ② 体を正面に向けたまま、上体をゆっくり右に倒していき、顔の向きを左に向けます。反対側も同様に行ってください。 たった少し行っただけでも、首回り・肩などがスッキリするのがお分かりいただけると思います。是非、お仕事の合間に試して、リフレッシュしてくださいね! KRKスタジオ公式アプリにご登録いただいたお客様は… 入会金が無料! そして、無料体験レッスンクーポンを差し上げています。 是非、ダウンロードしてくださいね。

さらに表示する